行けば良くなる♪ by壮健堂町田店スタッフ

スタッフの日常やカラダの事、店舗のご案内などをアップしてます。皆様どうぞ遊びに来て下さいね!

肩こりと自律神経の関係性

皆様こんにちは!院長のすぎえもんです(*^_^*)
今日は「肩こりと自律神経の関係」についてです。

私は長年の施術経験で、「私は肩こりを感じないんだけど、人からはカタいと言われる・・・。」また、「私は肩こりなんですが、もし放置するとどうなるのでしょう?」などとよくお客様から聞かれることがありました。聞かれた回数はおそらく数千回でしょうね。
肩や首のこりは個人差はあるものの、一定の期間を経過すると、血圧の上昇などの直接的な症状が出ない場合、つらさが遠のいていく慣れる)こともあります。

中には「別に首や肩を柔らかくしなくても、痛くないなら問題はないのでは?」と思われる方も多くいらっしゃいます。このように凝りの度合(硬さ)とご本人が感じる肩こり感は必ずしも一致しないものです。凝り(こり)に対する感性は、凝りを放置するほど鈍くなり、凝りを感じなくなるので、さらに凝りがひどくなり、筋肉が硬化するのを放置することになります。よく「どうせマッサージをやってもまたすぐに戻るでしょ?」と言い、コリを放置する方が筋肉の硬化スパイラルにハマりやすい傾向があります。

その結果起きる現象が、頭痛やめまい、目のかすみ、視力の低下、眼精疲労、頭重感、耳鳴り、気持ち悪い、血圧の上昇など様々ですが、多くの人にとって一番不都合な症状が 自律神経の失調です。自律神経は、身体の生命維持機能の自動操縦ですから、その調子が乱れる自律神経失調は様々な症状をもたらすことになります。

脳は身体の機能をコントロールする中枢ですが、身体の機能には意識的にコントロールできるものと、自動的にコントロールされているものがあります。例えば手を上に上げる、歩くなど体の動きに関すものは意識してコントロールできますが、胃や腸を動き、インシュリンの分泌、尿の排出などの内臓の機能や身体の生理的な部分を意識的にコントロールすることはできません。

そうした胃腸を動かす、尿の排出など、意識的にコントロールできない身体の基本的な調整を行っているのが『自律神経』です。 この自律神経の働きが乱れることが自律神経の失調で、自律神経の失調は身体の機能が悪いのではなく、機能のコントロールがバランスを崩した状態なのです。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、この二つが無意識のうちにスムーズに切り替わることで、人間は通常の日常生活を送ることができます。この切り替えですが、具体的には交感神経が朝に優位に立ち、一日がんばることができます。そして夜には副交感神経が優位に立ち(切り替わり)、今度は神経がリラックスすることで眠る事ができます。
ところが体質的な問題や、生活習慣の乱れ、精神的ストレス、個人の性格的な問題などが影響して、自律神経系のバランスを乱した場合は様々な症状に悩まされることになります。

一般的に「自律神経失調症」と言うと、精神科や心療内科の領域と思われてますが、肩や首のこりと自律神経失調とは一定の関係性があります。様々な意味で脳にとっての一つのサインである「肩や首のこり」をほぐすことは自律神経失調の症状を和らげることになるのです。

人間の平衡感覚を司るセンサーは耳の奥にあります。人間は身体の傾きを瞬時に判断して、姿勢を調整しないと倒れてしまいます。その傾きを判断するセンサーが耳の奥にあるということは、体が傾いているのか?首を傾けているのか?などの状態を常に情報としてキャッチしていないと倒れてしまうということになります。
筋肉にはすべてその緊張度合を脳に知らせる情報経路があり、各筋肉の緊張度合を常に脳に知らせています。脳はそれらの情報と平衡感覚をつかさどる耳の奥のセンサーの情報を総合判断し、各筋肉を収縮させて体を動かします。

首はとても多様な動きをしますから、小さな筋肉が複雑に入り組んでいて、その複雑に入り組んだ多くの筋肉がそれぞれ脳に信号をおくっています。筋肉のセンサーはリラックスしているときは、脳にほとんど信号を送りませんが、筋肉が緊張すると、その緊張具合を知らせる信号を脳に送ります。コリは筋肉の緊張とも言えるので、こっている筋肉からは緊張を知らせる信号が脳に対して発信されています。

そして首の筋肉がこると、首の複雑な筋肉から多くの信号が脳におくられ、その情報が「姿勢のモニタリングに有効ではない」ために微妙な調整にずれが生じて、それがめまいとして感じられます。この首のこりからくる有効でない信号は、脳にとって危険サインなのです。

人間は筋肉の緊張を緩め、筋肉から脳への信号を少なくして眠りにつくのですが、首や肩のこりが強い場合、コリからの危険サインが脳に伝達され、眠りを妨げてしまいます。これが肩や首のコリによる眠れない構造で、本来夜に優位に立つべき副交感神経よりも、働かなくてもいい交感神経が夜に機能してしまいます。そしてこの危険サインは当然ながら自律神経の働き(バランス)も乱すことになります。

そういうわけで、自律神経失調症による肩こり(または肩こりによる自律神経失調症)などの諸症状をお持ちの方はぜひ当店へお越し下さいませ。当店施術者は皆、「ほぐしのプロ」です。それではスタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております(*^_^*)

SKG壮健堂グループの☆壮健堂町田店☆
公式ホームページ: http://soukendou-machida.com
ネット予約: http://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000176347/
ツイッター: http://twitter.com/#!/soukendou_machi
facebook : https://www.facebook.com/soukendou
☆上記のURLはクリックすると、各ページへジャンプできます
スポンサーサイト
  1. 2015/07/18(土) 08:43:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<ツーリング in 群馬 | ホーム | 与論島の旅 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

壮健堂町田店スタッフ

Author:壮健堂町田店スタッフ
当店は小田急町田駅東口から徒歩1分『本格整体マッサージ』の整体院で、初回は全コース40%OFF(例:ボディコース60分2880円税別)です。熟練揃いの当店で、リーズナブルに体調改善しちゃいましょう(^◇^)それでは皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております!!
クリック→壮健堂町田店公式ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する