行けば良くなる♪ by壮健堂町田店スタッフ

スタッフの日常やカラダの事、店舗のご案内などをアップしてます。皆様どうぞ遊びに来て下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

骨盤の歪み

「骨盤が歪んでいると言われました」。こう言われるお客様があまりに多いので驚きます。私が驚くのは言われたお客様ではなく、言った方です。正直呆れてます(-_-)

だいたい「骨盤が歪んでいる」と言われた人に限って、大して骨盤のゆがみもなく、当然側湾症状も大したことないのです。

結論から申し上げますが、骨盤がまったくの左右前後対照の人などまずいません。人間が生活していく中で運動性や荷重における左右差は必ずあります。当然左右の筋肉の状態も差異を生じ、筋肉が支えている骨にも影響が出てきます。それで骨盤に限らず、歪みが生じるわけです。

しかしだから何だ?というのでしょうか?程度問題にもよりますが、「骨盤が歪んでいる」というのは二足歩行をする人間にとっての宿命と言ってもいいような症状です。要は「骨盤が歪んでいてもそれで普通」というのが現実なわけです。

それを鬼の首を取ったかのように「あなたの骨盤は歪んでます」と平気で言う施術者があまりにも多いのには閉口してしまいます。うまい施術者ならば、そんなことを言ってお客様の不安をあおる前に黙って矯正してあげればいいのです。「骨盤なんて歪んでて当たり前なんですよ」とか、「簡単に矯正できますよ」とか、なぜ言えない施術者が多いのか・・・この業界の現状を嘆きたくなります。

不安をあおって来店(通院)を促すというのもたしかにひとつの販売促進なのかもしれません。但しそんなやり方でいいのでしょうか?私は正直、そういうやり方は好きではありません。ぶっちゃけ、私にとってこの店は商売の一環ですが、正々堂々と勝負したいと思ってます。

とは言ってもQOL(生活指導)の意味では骨盤の状態をいう必要はあるかもしれません。たとえば片側だけ足を組む習慣がある人や、いつも座る位置に向かってテレビが右側にあるとか(体を右に捻るので)、そういった人たちには一定のQOLは必要でしょう。しかし残念ながら、「骨盤が歪んでいる」と無神経に言ってる施術者に限って、キッチリした生活指導をしていない傾向が強いのです。はあ~・・・

みなさんは「マッサージ=筋肉カイロ」という言葉を聞いたことがありますか?要は特別なカイロ技術や整体でバキバキやらなくても、マッサージのみで骨格をアジャストできるという意味です。たとえば腰の右側のみがこってて、左側は柔らかいというような状態であれば、骨盤は水平の状態ではありません。これをこってる右側のみを施術してほぐすことによって、骨盤を水平に戻す・・・これが「マッサージ=筋肉カイロ」と言われる由縁です。但しこれでもダメなら、やっぱ整体しますけど・・・(汗)。

「骨盤が歪んでいる」と言われて不安に思ってらっしゃる方、ぜひ私、すぎえもんに一度見させてください。お待ちしております(^_^)

                                by すぎえもん

追伸:今回の内容には先天性の症状が含まれません。これについてはまた別の話です。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 19:12:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鏡開き | ホーム | あけましておめでとうございます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soukendou.blog102.fc2.com/tb.php/27-12c19136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

壮健堂町田店スタッフ

Author:壮健堂町田店スタッフ
当店は小田急町田駅東口から徒歩1分『本格整体マッサージ』の整体院で、初回は全コース40%OFF(例:ボディコース60分2880円税別)です。熟練揃いの当店で、リーズナブルに体調改善しちゃいましょう(^◇^)それでは皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております!!
クリック→壮健堂町田店公式ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。