行けば良くなる♪ by壮健堂町田店スタッフ

スタッフの日常やカラダの事、店舗のご案内などをアップしてます。皆様どうぞ遊びに来て下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スーちゃんのご冥福を祈ります

こんにちは、すぎえもんです(^_^)
元キャンディーズのスーちゃんが亡くなりました。私自身はそれほどファンというわけではなかったのですが、何と言ってもキャンディーズは「青春の象徴」だっただけにショックです。ちなみにキャンディーズのヒット曲の中ではこれが一番好きでした。

http://www.youtube.com/watch?v=6Xh5I6MGIow

それにしても告別式で、スーちゃんの肉声が流れたのは衝撃でした。昨日はニュースステーションを見ながら、絶句してしまいました。

「きょうは3月29日、東日本大震災から2週間が経ちました。被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような……、ご冥福をお祈りするばかりです」
 「わたしも一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。その時は必ず天国で、被災された方のお役にたちたい……。きょうお集りいただいている皆様にお礼を伝えたくて、このテープを託します」

ああ・・・自分の葬儀を思い描いていたんだ・・・なんか凍りつきました。声も元気なく、ところどころ息苦しそうで、テープとは言え、臨場感ハンパなかったですな。

「キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝しています。とくにランさん、 ミキさん、ありがとう。2人が大好きでした」
「映画にもっとでたかった。テレビでももっと演じたかった。もっともっと女優を続けたかった。お礼の言葉をいつまでも皆様に伝えたいのですが、 息苦しくなってきました」
「いつの日か、妹夏目雅子のように、支えてくださった皆様に、社会に少しでも恩返しができるように、復活したいと思っています」

復活したかったんですね。なんか柄にもなく涙が出てきました。「人生最後のスピーチ」というものがあるなら、かくあるべきだなと思いました。悲しみを誘いながらも尊敬できる・・・そんな肉声でしたね。

私は当時、ピンクレディーのケイちゃん派だったのですが、昨日からスーちゃん派になりました。乳がんだったんですね・・・手術はしなかったのかな?どういう治療をしてきたのだろう?20年間の闘病って、どんなだったんだろう?いろいろ思うこともありますが、今はスーちゃんのご冥福を祈るのみです。

http://www.youtube.com/watch?v=uDhxJiNJQ08&feature=
スポンサーサイト
  1. 2011/04/26(火) 15:24:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

体育指導、運動教室のドリームスポーツからお知らせです

こんにちは(*^_^*)日体大OBのドリームスポーツ代表大井和也です。

先日、壮健堂グループに新しく仲間入りした『ドリームスポーツ』が世田谷とあざみ野でかけっこ教室を開催しました。もうすぐ運動会シーズンですね。

「早く走りたい!」 

「かけっこで1番になりたい!」 

「かけっこは苦手だけど頑張って走りたい!」

そんなお子様を応援するためのイベントを開きました!(^^)!
イベントの内容はこちらを検索⇒http://www.ab.auone-net.jp/~dre.spo/
たくさんのお子様に参加していただき、大盛り上がりのイベントになりました。
早く走るにはいろいろとコツがありますが、一人一人の個性を見ながら、「走りの基本から応用」までしっかり指導させて頂くかけっこ教室が私流なんですよ(^O^)

その他にも体育個人レッスンも行っています。例えば‥

「逆上がりができるようになりたい!」

「みんなに内緒で練習して、運動会で早く走れるようになりたい!」

「野球やサッカーが上達したい!」

「マット運動やなわとびが上手になりたい!」

など、マンツーマンでお子様のペースに合わせてレッスンすることができます(^O^)
今、「壮健堂町田店で見て連絡しました!」とお申し出になった方にはな、な~んと・・

●個人レッスン初回手数料3,000円を2,000円引きの1,000円

●個人レッスン料金を各1,000円引き
となっておりますので是非ご連絡をお願いします!

その他、体育・スポーツのことならどんなことにも対応できますので、気になる方はホームページをご覧いただくか、直接042-812-2624までご連絡ください!
よろしくお願いいたします。
  1. 2011/04/19(火) 12:11:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケーシー型白衣の話

みなさん、こんにちは。チラシ配布でちょっと日焼けしたすぎえもんです(^_^)
今日は白衣の話をします。というのも当店の「夏の陣」に向かって、白衣でも変えてみようかな?と考えているからです。

リラクゼーション店さんはともかく、我々の業種で白衣は必要不可欠なものです。お客様もこの白衣の印象で、我々に身体を預けられるものと思ってます。

私共、壮健堂町田店では昨年のオープン当初、一般的なサックス(薄い水色)の白衣をユニフォームとして着用してましたが、あまりにも一般的すぎるので、すぐにネイビーに変えました。ちなみに下の画像は当店のイケメン?白井の画像です(^_^)

023_convert_20110310135956.jpg

で、なんでサックスからネイビーに変えたかと言うと、私が年末に町田駅前の眼科へ行った時、このネイビーの白衣を見て、「おっ!かっこいいじゃん!!!」と思ったからです。

ところがこのネイビーの白衣には弱点があって、汗をかくと脇の下が白くなるのです。うちの大井などはあまり汗をかかないからいいのですが、私クラスのデブになると、けっこうな汗の量になるのです。

imagesCAMMQS3W.jpg

そんなわけで夏は上の画像の右側(サーモンピンク)に全員変えようかと思ってます。ま、白とかサックスなら何枚でも持ってますが、せっかくの新規店、今までと同じじゃつまらないなあ・・・という感覚です。

それと男がピンク系の白衣を着るとどんな風になるか?興味があります。これは私個人の感覚ですが、同じピンクでもサーモンピンクなら、ちょっとおしゃれな感じがするのです。

おそらく「ピンク反対派」の大井カオリからは猛反発を食らうような気はしますが、男が着るとなると、納得せざるを得ないんじゃないか・・・な~んて甘いかな?ハハハ・・・

ちなみにケーシー型白衣とは外科医や歯科医など外科系の医師が好んで着用している短い診療衣のことを言います(我々の業種もほとんどこれです)。これはアメリカTVドラマ(1961-1966 ABCシリーズ)Ben Casey(ベン・ケーシー)の中でVince Edwardsが演じた脳外科医Dr.Ben Caseyが着ていた白衣をベン・ケーシー型白衣(略してケーシー)というようになったのが始まりです。

なわけでKC型白衣というのは間違いで、ローマ字表記ならCASEY型白衣が正解となります。さらにちなみにですが、ケーシー型白衣は、中世ヨーロッパの床屋に起源があるそうです。というのは中世の床屋さんは外科も兼ねていたからだそうです。そういえば今でも床屋さんのユニフォームは医療用白衣と似てますよね。

そんなわけで、ピンク系の白衣を一度着てみたいすぎえもんでした(^_^)











  1. 2011/04/18(月) 19:41:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

余震の影響で・・・

こんにちは。宮川です。

「ピロリロリン 緊急地震速報です!」
このメッセージがテレビで流れるたびにドキッとします。

最近、大きな余震が立て続けに起こっており、
「またか?」という気持ちになりますね。

私自身、揺れていないのに、なんだか揺れているように感じることもあり
感覚がおかしいです。

このような状態のときは、やはりストレスが溜まりますね。
血圧が上昇したり肩が凝ったりとういう症状もおこりやすくなります。

こんな状況下で体調の不具合を感じたら、ぜひ当店へお越しください。
スタッフ一同、皆様の症状が改善するよう全力で施術させていただきます。
では皆様のご来店をお待ちしております。

http://soukendoumachi.web.fc2.com/



  1. 2011/04/14(木) 11:14:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壮健堂グループの新しい仲間 ドリームスポーツ

こんにちは、すぎえもんです(^_^)
今日は我が壮健堂グループの新しい仲間、ドリームスポーツを紹介します。

ドリームスポーツは何だかテレビ番組みたいな名前ですが、やってる内容は・・・

体育教室、運動指導です。

詳しくは http://www.ab.auone-net.jp/~dre.spo/ をご覧になってください。特に小さなお子様のいる方は要注目ですぞ(^_^)

で、現在NPO法人に申請中で、今年の7月には認可される予定です。ちなみに私すぎえもんも監事という名前の幹事として名を連ねています。ではこれから代表の大井和也君と私の関係について語ります(^_^)

IMG_0002_convert_20101217114434.jpg

え~・・・後列の右端16番が大井君で、前列左端30番が私すぎえもんです(ちなみに前列右端10番は鶴間店店長の高木君)。要するに同じ草野球のチームで11年間やってます。ちなみに体の大きさ(太さ)の違いは前列と後列による遠近感の差によるものです(ウソ)。

大井君は我がレイダースのエースとして11年間投げ続けてくれました。そして町田リーグでは2回ほど優勝したことがあります(エッヘン)。

但し草野球は二次的なもので、私と大井君の出会いはその前にありました。私が13年ほど前に開校したN整体学院町田校の第1号生徒が大井君でした。治療院の奥側のスペースを整体スクール用として開校した私でしたが、「生徒なんて入ってくれるのかなあ?」と不安な気持ちの中、一番初めに授業風景も見ずに、私を信じて入ってくれたのが大井君でした。「第1号生徒」というのはいまだに唯一無二の貴重な存在なわけです。

大井君はO型おひつじ座で干支は寅年・・・私とすべて同じで、何か運命的なものを感じたのを昨日のことのように覚えています。それと彼の車があまりにもピカピカだったので(いまだに)、都心部から町田へ移住してきた当時の私にはちょっとしたカルチャーショックでした。ちなみに先日当店へ来店された7種競技の彼の教え子さん(女性)とも「大井君の車ピカピカ」の件で2人で施術中に大爆笑しました。(大井君、スマン)

大井君は日体大卒業後、体育系大学進学予備校の講師を十数年勤め、今年退職して独立しました。現在でも母校日体大の陸上部コーチをしており、運動指導においてはエキスパートなんです。

それと彼のお母様やおばさま、おばあ様、お父様などご家族も当店のお客様だし、昔からのしがらみも含めて、私と彼とは切っても切れない関係にあります。なわけで私個人というよりも壮健堂グループで彼のドリームスポーツをバックアップしていくつもりです。

今後ともドリームスポーツをよろしくお願いいたします(^_^)

40.jpg








  1. 2011/04/11(月) 18:32:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長編 気功の話(ウダウダですが)

こんにちは、すぎえもんです(^_^)
先日うちの大井から「気功って何ですか?」という質問がありました。私自身、気功に関してはちょっとした思い出があるので、今日はそれをお題にしました。ではまずはウィキペディアから気功の意味を拾ってみました。

<気功とは?>
気功の基本は、心身のリラックスにある。中国語では体のリラックスのことを「放鬆」(ほうしょう)、心の安定した状態を「入静」(にゅうせい)と言っていて、両者を合わせた「鬆静」(しょうせい)状態が気功を行なうときの基本となっている。心身が安定してゆるんでいる状態で、動作、呼吸法、イメージや瞑想を用いて、総合的に心身の自己コントロールを行なうのが気功の特徴である。また、スポーツでは筋肉を鍛えるが、気功は内臓を鍛えるともいう。

気功の源流は、陰陽五行思想、古代医術やシャーマニズム、中国武術、導引や按摩など民間の養生法、仏教・道教などの宗教の修行法など多岐にわたる。そうした様々な行法の中から、病弱な人でも自分でできる効果が高いものを選び、簡単なことの繰り返しで成果が上がるように工夫されてきたのである。

近代中国気功の成り立ちとして、中国人・因是子が日本の調和道や岡田式静座法などを評価、研究した事を以って、日本から多大な影響を受けたとする向きもあるが、個人の研究を中国気功全体にあてはめるのは、やや拡大解釈にすぎると言えよう。

用語、文化呼称としての気功は広い意味を表し、他国の文化をもそれが養生にかなったものであれば気功と呼ぶ。たとえばヨーガは、インド気功と呼ばれる。しかし、それを以って「ヨーガが中国気功へ多大な影響を与えた」とは言わないのである。

中華人民共和国では中医学の経絡理論などと結びついて、健康法として簡化太極拳と同様公園などで広く行なわれていた。また、一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科を併設している場合もある。そうした、医療健康面での功績のために、布教活動が禁止されている中国の中でも、気功と言えば宗教的な色彩のものでも容認される傾向が生まれ、1980年代以降、新しい宗教気功が次々と現れた。その結果、中国政府は共産党に批判的な法輪功を弾圧し、1999年の法輪功事件に至った。

法輪功事件以後、集団で気功をすることの規制が厳しくなり、現在の中国では治癌功法として知られる郭林新気功など一部の公認グループを除いて公園で気功をしているのを見なくなった。中国では現在、健身気功という政府公認の気功を編集している。(ウィキペディアより)

imagesCAXYJ5DJ.jpg

てな感じです。ちなみにこの画像はイメージ作りのために引用したもので、私ではありません。では思い出話を・・・・

17年ほど前の話ですが、当時の私はサラリーマンで、土曜日曜は北新宿の整体マッサージ店で修業していました。週に2日だけの出勤だったのですが、当時の私は30代前半とまだ若く、お客さまからもけっこうな指名を頂いていたので、いい気になっていた時期でもありました。

結論から言いますと、その店では気功を行っていないにもかかわらず、私は勝手に気功をやってました。もちろん指名を頂いたお客様に対してだけだったのですが、それがバレてその店の店長には烈火のごとく怒られ、その場でクビになりました。ま、当然ですな(汗)

当時の私は好奇心の塊で、気功に関しても、人の紹介で知ったある先生(Y岡先生)のところへ個別に習いに言ってました。その先生は元々指圧マッサージ師だったのですが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に冒されて力がなくなり、奥さんが中国人だったこともあって、人生の最後の仕事として気功を選んだのです。

ウィキペディアにも書いてあるように、気功とは元々ヨガから派生した健康法だったのですが、Y岡先生曰く、治療術として使う気功は「洗脳術」ということでした。たとえば2人の同じ人が同じ部位に同じ強度の打撲を負ったとします。で、1人は「たいしたことないや」と思い、もう1人は「これは大変だ。骨でも折れてるんじゃないか?」と思えば、全く同じ度合いの外傷でも痛み感覚は大きく異なってきます。要するに「痛み感覚は個人の性格によって異なり、痛み感覚を判断するのは脳そのものだ」ということで、これを利用するのが「洗脳=気功」ということです。

では洗脳されやすい人はどういう人なのか?(=客層)これはウキペディアにも書いてあるように、「宗教マインドが強い人」というのが答えだと思います。もう少し具体的に言えば「現実逃避したい人」というのが最大の特徴だと思います。

よく「気功なんてインチキだ」という人がいますが、私はそう思いません。世の中には現実逃避したい人も大勢いますし、現実逃避せざるを得ない状況に追い込まれてる人もいます。現実に私の師匠だったY岡先生は不治の病に冒されていました。

では気功の施術内容について・・やめました。気功の発想は経絡(ツボ)と密接な関係にあるのですが、経絡(ツボ)そのものが現実離れしてるからです。「人の体には腎臓をエネルギーの源として気が流れていて・・・」って、その時点で×ですな。人体のエネルギーの源が腎臓のわけがないんです。腎臓は単なる老廃物のフィルターであって、人体のエネルギーの源と言うならば、心臓か肝臓のどちらかになるはずです。ちなみにリフレクソロジーなんかも笑っちゃいます・・・足反射表で腎臓に位置にあるのが「湧泉」というツボなんですよ。

経絡信者の人たちは「西洋医学と経絡の発想は違うんだ」と言いますが、胃癒・腎癒・肝癒などのツボも実際の位置とはちょっとだけズレてます。背骨から内臓につながってる神経があることを数千年前に発見した中国人はエラいとは思いますが、医学も日進月歩です。そんな昔の知識を現代に引用するのはちょっとナンセンスだと思んですけどねえ・・・・ま、私は経絡全否定ではありませんが。ツボの中でも3割ぐらいは「これは効果あり」という臨床経験も多々ありました。とは言っても医師免許もなしに内臓診断するのはどうかと思いますが・・・

ま、ツボの話はそれぐらいにして、私の臨床経験を書きます。Y岡先生は残りの人生も考えて弟子をとる人ではなかったのですが、なぜか私を気に入ってくれて、助手として面倒を見てくれました。なわけで実際の施術を見ることもできたし、お客様の名簿も見れました(150人ぐらいでした)。では気功のお客様の傾向を列記します。

1、現実逃避の傾向が明らか
2、強い責任感を持つがゆえにその責任から逃れようとする
3、「答えは1つでなくてはならない」という考え方がある
4、信仰があり、何かの宗教をやっている
5、やせ型の人が多い
6、初回は横柄な態度をするが2回目からおとなしくなる
7、防衛本能が強く、何かに守られたいという印象が強い
8、困った人がいると放っておけない
9、理想と違う現実があるとヒステリックを起こしそうな雰囲気がある
10、A型が6割、あとはB型とAB型で半々ぐらい。O型がほとんどいない。
11、水の3星座(うお座、かに座、さそり座)の人が圧倒的に多い(特にうお座)。あとはしし座、おうし座、やぎ座がちょっとで、他はほとんどない。
と、こんな傾向でした。

これは私個人の直感にすぎませんが、気功の施術者も上記と同じ傾向があるように思います。それは同じマインドでないと通じないものがあるはずだからです。

当時私はY岡先生の助手で、実際に施術をしたことはありませんでした。なわけで「やってみたいなあ」という強い願望がありました。なわけで気功をやってない店で勝手に気功をやって、クビになったわけですが、それなりに思うことはありました。

今思えば大変失礼ながら、気功の練習台に選んだお客様は30代前半のB型うお座の女性でした。毎週土曜日に来る方で、結婚間近ながら子宮ガンを患っておられました。「結婚に踏み切るかどうか?」について、大変悩んでいて、施術中にも私にはその話ばかりしていました。私が言うのは毎回同じで「女性は子供を産むためだけの道具じゃないと思いますよ。愛があれば、いいじゃないですか・・・早く手術して元気になってくださいね」とこんな感じのワンパターンでした。ま、これが私の本音ではあったのですが・・・・

但しこの方が上記の傾向に最もあてはまる人だったので、この人で試してみようと思ったわけです。この方の主訴は腰だったのですが、腰に思いっきり気を送り込むと・・・みるみるうちに赤くなって熱感を持ちました。ちなみにY岡先生式は触らないやり方だったので、当然私は触らなかったのです。

私は正直、その結果にビビリました。「特にこの人に試してみたい」と思って試したことですが、やって一定の効果があり、逆に気味が悪くなりました。というのは他の人(上記の傾向以外の人)ではまったく効果がなかったからです。その時私は「このままこの道を走ったら精神世界に入りそうだな・・・」と思い、ぞっとしたのを最近のことのように覚えています。

それと何だか人の弱みにつけこんだような気がして、後味も悪く、罪悪感だけが残りました。そして私は気功の世界から足を洗いました。

Y岡先生のところへも顔を出さなくなり、その後は手技の修業が続いたのですが、それから2年ほどしてY岡先生は亡くなりました。享年50歳半ばという若さでした。私はY岡先生には不義理をしたようで、そのことについても罪悪感を持ちました。

私がY岡先生の訃報を知ったのは、先生が生前私にあてた手紙を、奥様が先生の没後に私に送ったからです。で、手紙の内容はこんなことでした。

君は明るい太陽のような人間で、気功の世界からはいずれ離れていくものと初めから思っていた。陰陽で言えば、私は陰で、君は陽だ。君には言わなかったが、君を弟子にしたのは君と接することにより、私自身が陰陽のバランスをとるためだった(この内容については難しい中国語がてんこ盛りで、ホントはイマイチ意味がわからなかった)。君は陽の世界で堂々と生きて行きなさい。君の陽の部分は私の延命にも影響を与えてくれて感謝している。君の開業を見届けれないのが残念だが、成功を祈っている。

と、こんな内容でした(実際はもっと長文手紙)。この手紙はいつ書いたのだろうか?ALSの末期ならば、字を書くことは困難なはず・・・。私は達筆な字で書かれた手紙を見て、自然と涙が出てきました。それと同時に「自分はあさはかな人間だなあ・・・」とも感じました。

とにかくY岡先生は私の生き方にも大きく影響を与えてくれた方で、「気功はインチキだ」という人がいると、Y岡先生の名誉が傷つけられたような気がして、私は我慢ができないのです。

陰陽五行思想などを度外視したとしても、「手当」とは人類最古から伝わる医療行為なのです。現代社会においても、たとえば転んで泣いてる子供をあやすのに、お母さんは「痛くないよ。大丈夫、大丈夫」と言いながら、痛がってるところをさすったりします。そうすると子供は泣きやみ・・・これはある意味、「気功術」と言ってもいいような気がします。

つまり「同じマインドの人を探し、その人を癒す能力」が「気功術」と言ってもいいような気がします。ま、ほとんど宗教と同じマインドなわけで、気功と宗教が密接に関係してるのはそのためと思われます。ちなみにアメリカでもタッチ・テラピーなるものが存在しますが、これも気功が土台になっているようです。

「先生、気功って何ですか?」といううちの大井の何気ない一言でしたが、私にとっては過去を回想し、一人で感慨にふけることになりました。これと言って結論めいた主張もないのですが、気功をかじったことで、後の私の施術者人生には大きな影響がありました。

それともう1つ・・・好き嫌いにかかわらず、私には自分の師匠と呼ばざるを得ない先生が1人います。N井先生です。N井先生は手広く商売を広げましたが、巨額の脱税(数億円)で検察に追われ、とうとう自己破産しました。海外逃亡の時期もありましたが、今はひっそりと1人で接骨院をやってます。ちなみに私が以前に経営してたN整体学院町田校はN井先生からのれん分けされたものでした。

そのN井先生の全盛期に私はこう質問しました。「先生の目指してるものは何ですか?」
N井先生の答えは「最終的には宗教だな。これは無税だから一番儲かるんだ。私はまず気功から宗教法人を作ろうと思ってる」でした。ちなみにN井先生のお父さんは有名な鍼灸師で、生前は天皇陛下にした施術を認められて紫綬褒章をもらってます。またN井先生は「押せば命の泉湧く」で有名な浪越徳次郎先生の直弟子でもありました。N井先生のマインドとして強くあったのは「名誉じゃ食っていけない」ということでした。N井先生は子供のころ貧乏だったのです。

私は「気功」という単語を聞くとお世話になったY岡先生とN井先生を思い出します。考え方やコンセプトは全く違う2人の先生ですが、私はどちらの先生を支持するということはありません。但しどちらの先生も私は大きな影響を与えてくれました。今でも大変感謝してる2人の先生です。

N井先生はご生存ですが、天国のY岡先生のご冥福を町田の空の下から強く祈りたいと今思ってます。

これと言ったメッセージ性もなく、ただ単に長文になり、最後まで読んでくださった方、大変失礼しました(汗)。こういうのを「ウダウダ」って言うんでしょうな。ホント失礼しました。(大汗)














  1. 2011/04/07(木) 16:33:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

壮健堂町田店スタッフ

Author:壮健堂町田店スタッフ
当店は小田急町田駅東口から徒歩1分『本格整体マッサージ』の整体院で、初回は全コース40%OFF(例:ボディコース60分2880円税別)です。熟練揃いの当店で、リーズナブルに体調改善しちゃいましょう(^◇^)それでは皆様のご来店をスタッフ一同、お待ちしております!!
クリック→壮健堂町田店公式ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。